ご検討中のお客さまご検討中のお客さま ご加入中のお客さまご加入中のお客さま
HOME > サービス案内 > 生活支援サービス > ケーブル緊急地震速報サービス

ケーブル緊急地震速報サービス

揺れる前に地震発生をお知らせ!

「ケーブル緊急地震速報サービス」とは、気象庁から送られてきた地震発生の情報を基に、お住まいの地域において予測される「震度」と「強い揺れが到達するまでの猶予時間」をケーブルテレビ回線を使って専用端末から「音声」でお知らせするサービスです。

「緊急地震速報」のしくみ

なぜ揺れる前に地震の発生をお知らせできるの?

地震発生直後、気象庁は震源に近い地震計でとらえた初期微動(P波)を解析して震源(経度、緯度、深さ)や地震の規模(マグニチュード)を推定します。
強い揺れの主要動(S波)は、初期微動(P波)に比べ揺れの伝わる速度が遅いため、主要動(S波)が届く前に地震の発生をお知らせする事ができます。

緊急地震速報の注意点

緊急地震速報の利用にあたっては、このような注意点を十分理解していただく必要があります。

  • 緊急地震速報は震源が近い地震の場合は、地震計がとらえた初期微動(P波)と強い揺れの主要動(S波)の時間差が極めて短いため、発報(お知らせ)されない場合があります。
  • 地震以外の要因(事故・落雷)によって誤報されることがあります。
  • 震度・猶予時間の予測数値に誤差が生じる場合があります。

「ケーブル緊急地震速報サービス」と「テレビ放送緊急地震速報」の違い

「ケーブル緊急地震速報サービス」の場合

気象庁が、地震観測点(地震計)でとらえた地震波情報を解析し、当社はその情報を基に、当社において予測される「震度(3以上)」と「強い揺れが到着するまでの猶予時間」を計算し、ケーブルテレビ回線を使って専用端末から『音声』で伝えます。

テレビ放送「NHK」の場合

気象庁が 、地震観測点(地震計)でとらえた地震波が最大震度5弱以上の揺れを測定した場合、NHKは「地震が発生した場所」と全国で「予測される震度4以上の地域」を『強い揺れ』として表現し、番組に割り込んで『地図』『チャイム』で伝えます。

「ケーブル緊急地震速報サービス」お申込みからサービス開始まで

※当社作業員の訪問設置取付を希望される場合、5,000円(税込5,400円)が必要になります。
※お客様宅の設備環境により、当サービスの情報が専用端末まで届かないことがあります。この場合、宅内TV配線等設備の改修工事が必要となり、工事費用はお客様のご負担となります。

<注>専用端末の動作確認のため、発報テストを行っていただきます。発報テストについては同梱の取扱説明書をご参照願います。
●利用料は、専用端末をお客様が受け取った月の翌月分より発生いたします。ご指定の口座より振り替えさせていただきます。

「ケーブル緊急地震速報専用端末」の設置について

配線イメージ(例)

専用端末取付図(例)

サービス料金

利用登録料 3,000円(税込3,240円)
月額利用料
(情報配信料・機器貸出料)
◇デジタル放送サービス加入世帯
親機・子機セット 700円(税込756円)
親機のみ 500円(税込540円)
◇その他世帯(電障・集合)
親機・子機セット 900円(税込972円)
親機のみ 700円(税込756円)
オプション 子機追加 300円(税込324円)/台
専用端末設置料 お客様にて設置していただきます。
「ケーブル緊急地震速報専用端末」は、弊社より宅配にてお客様宅にお届けします。同梱の取扱説明書に沿ってお客様で設置していただきます。(無料)

※弊社作業員の訪問設置をご希望される場合、5,000円(税込5,400円)が必要になります。

●当サービスはケーブルテレビ接続世帯限定の提供となります。
(デジタル放送サービス加入世帯、地上波契約済世帯、ケーブルテレビ対応集合住宅世帯)
※確認方法・・・本サービスをご利用になりたいTV端子で、デジタル放送12ch「メディアスチャンネル(地域情報チャンネル)」がご視聴いただけた場合は当サービスをご利用いただけます。
●ご解約の際は、当社までご連絡を頂き、専用端末をご返却ください。
 ご返却の際の費用はご負担願います。(解約手数料 無料)

まずは「できる事」からはじめましょう!

家具の置き場所を考えましょう!

避難通路に倒れやすい家具を置いたり、ベッドサイドに背の高い家具を置くのはやめましょう。

<ココがポイント!>

  • 廊下やドア付近に家具を置かない。
  • 寝室に背の高いタンスや本棚は置かない。

家具はしっかり固定しましょう!

望ましいのは作り付けの家具や1m以下の家具。そうでない場合、壁に固定するか密着させます。また、中身が飛び出す危険性があるので、扉は観音開きよりも引き戸が安心です。

<ココがポイント!>

  • 家具は金具で壁に固定するか、新聞紙や転倒防止板をかませて壁に寄りかからせる。
  • 観音開きの扉は、取っ手にフックをかける。
  • テレビは、家具の上などに置かずに、できるだけ低い位置に両面テープや耐震用接着マットで四隅を固定する。

収納のウエイトは下を重くしましょう!

タンスや本棚の収納は、軽いものは上へ重いものは下へ。中身の飛び出しを軽減できるうえ、家具の安定性が高まります。

<ココがポイント!>

  • 上段に軽いものを、下段に重いものを収納する。
  • 本棚やタンスの上に重いものを置かない

照明や窓ガラスにもひと工夫を!

寝室や食卓の上を中心に、照明は埋め込み式や直付けを選びたいもの。窓ガラスは割れても飛散しない工夫をほどこします。

<ココがポイント!>

  • ぶら下がり式の照明や絵画は、きちんと固定する。
  • 窓ガラスは飛散防止フィルムを貼る。

家族間の連絡方法を決めておきましょう!

伝言ダイヤル

大地震が起こると電話がつながりにくくなります。そこでNTTの「災害用伝言ダイヤル」、携帯電話の「災害用伝言板サービス」を活用。毎月1日に体験サービスをおこなっているので、イザというとき慌てないよう練習してみては?

防災シート

家族で取り決めたことを書き込んで持ち歩く「防災シート」を作っておきましょう。決められた書式はありません。家族の集合場所や避難場所、ケガで病院に運ばれた時に必要な医療情報(持病なども)書き込んでおくと、治療がスムーズにいく場合があります。

張り紙は最後の命綱

家族がバラバラになった時、最後の手段として、自宅や避難場所に張り紙をして連絡を取り合わなければならないことがあります。張り紙をするために必要な紙とペン、ガムテープも用意しておきましょう。

地震が起きてもあわてずに行動しましょう!

座布団をかぶったり、机の下等の安全な場所に隠れ、身を守りましょう。
慌てて外へ飛び出したりするとガラス等が落ちてくる場合があるため、かえって危険です。

地震による建物のゆがみでドアが開かなくなり閉じ込められる可能性があります。ドアや窓を開け、避難経路を確保しましょう。

その場で火を消せる場合は、使用中のガス器具・石油ストーブなどの火を素早く消しましょう。
注意:火元から離れている場合は、火元に近づいた際に大きな揺れが来る恐れがあり、大変危険です。身を守ることを優先しましょう。

TOPへ
MENU
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss