知多メディアスネットワーク RECRUIT 2023

HOME > 採用TOP > JOB職種紹介 > INTERVIEW先輩インタビュー H.I

H.I

地域情報部 2019年入社 メディアプロデュース学部/メディアプロデュース学科 愛知県名古屋市出身

様々な業務経験で
“苦手”も“武器”に!

ー 現在の仕事内容を教えてください。

主に番組制作をメインに担当しています。地域のニュース、情報バラエティ番組、生中継など様々な番組に携わっています。記者として取材をすることもあれば、地域のイベントを撮影するカメラマンや情報番組のディレクターを担当するなど、業務内容は多岐に渡ります。私はCG制作が得意なので、CMや番組オープニング映像を制作することもあります。チームで一つの番組を作るので、出来るだけ思い描く番組内容に近づくようにコミュニケーションを積極的に図るようにしています。

ー メディアスならではの仕事の面白さを教えてください。

一つ目は、様々な業務を経験できることです。番組として完成するまでの全工程に携わることができるので、自分の「得意」を伸ばすこともできますし、「苦手」な分野を克服して新たな武器にすることも可能です。
二つ目は、取材や収録を通して生まれる地域の方々とのコミュニケーションです。多種多様な方と出会い、様々な話を伺うことが、自身の知識や技術の向上、仕事へのモチベーションアップに繋がっています。特にメディアスエリアの方々は温かく、その温かさに触れる度に優しい気持ちになりますし、メディアスに入社して良かったと心から思えます。

ー どんな時にやりがいを感じますか?

自分が担当した映像や番組に感想をいただけたときに、やりがいを感じます。
誰かに対して感想を伝えるということは意外と労力が必要です。それでも「番組を見て感想を伝えてくれた」という事実が嬉しいです。お褒めの言葉が並んでいると、こうした感想を抱いていただける人をもっと増やしたいと意欲がわきます。また、厳しいご指摘や改善点などが並んでいると、自分に足りなかった部分が明確になり、次回の制作へのモチベーションにつながります。

ー 今後の目標やキャリアビジョンについて教えてください。

番組制作においては多種多様な技術を習得できますが、さらにそこから全く違う分野にも挑戦し、オールマイティーな人間になりたいと考えています。常に新しい情報や技術、知識を貪欲に取り入れて自分の力として蓄え、番組制作だけでなく多分野で活躍できるようになりたいです。

1日の流れ

  • 9:30出社出社後、メールチェック
  • 10:00準備収録する番組の台本準備、機材準備
  • 11:30スタッフ打ち合わせ番組収録(ちたまる)に関係するスタッフとの情報共有、スケジュール確認
  • 12:00MC打ち合わせ番組出演MCとの収録内容を共有
  • 12:30リハーサル台本通りにリハーサルを行い、VTRとのタイミングを確認する
  • 13:00本番収録開始1時間の情報番組をノンストップで収録
  • 14:00本番収録終了本編の収録終了後、CM撮影とSNS用告知映像、WEB限定コンテンツを撮影
  • 15:00休憩好きな動画を見ながら遅めの昼食
  • 16:00番組HP更新番組HPに掲載されている情報を、撮影した最新のものに更新する
  • 17:00ニュース生放送開始ニュースディレクター(スイッチャー兼タイムキーパー兼映像出し)
  • 17:15ニュース生放送終了
  • 17:20反省会放送した内容、映像などに関する反省会を実施
  • 18:00台本、企画書の作榮や編集作業など
  • 19:00OA確認昼に収録した番組のOA内容を確認
  • 20:00帰宅

就活生のみなさんへ

毎日が新しい発見に満ちていて、学び続けることができる仕事だと思います。様々なことに貪欲に取り組みたい、常に刺激が欲しい、という方にはピッタリの職場です。
そしてケーブルテレビと言えば「番組制作」と思う方も多いと思いますが、メディアスにいるのは「番組制作」の人間だけではありません。番組を作るためには他の部署の協力や地域の人の理解がなければできない部分が大きいです。そうした方々への感謝の気持ちを常に持ち続けることが出来る人こそ、メディアスで活躍できるのではないかと思います。